ETF+α ポートフォリオとは?

ETFを活用し、資産運用の「超過リターン(α)」を提供します。

ETFとは証券取引所に上場した投資信託のことです。株価指数などの指標との連動を目指す「指数連動型」で、信託報酬が比較的安いのも特徴です。

ETF+αは、流動性と透明性が高く、市場規模が世界一である米国の証券取引所に上場しているETFを、投資対象とした「ポートフォリオ」です。

トレンドフォローを用いた投資哲学

これまでの「ポートフォリオ運用」は、複数の資産クラスや金融商品を活用し、分散を行うことで、リスクを回避しながら、リターンを追求してきました。

実際、当社においても、「モダン・ポートフォリオ理論」に基づき、期待収益率やリスク管理を数値計算し、国際分散投資を行ってきました。

しかし、近年、どの資産クラスも、同じような動きをすることが多く、相関性が高まってきているのが現状です。つまり、「分散効果」が薄れていると言えます。

アセット・アロケーション(資産配分)を行い、長期保有で投資することは利にかなってはいますが、市場環境が大きく変化し、ブレ幅の高い状況下においては、必ずしも、利益を生み出せない時があるのも事実です。

ETF+αは、そんな状況下においても、「利益を生み出すことを目的」として、開発された運用戦略です。

ETF+αは、上昇トレンドが見られるものにしか投資を行いません。下落トレンドや値動きが横ばいの時は、売却してキャッシュを保有し、また上昇トレンドが見られた時に「買い」を実行します。

1)「買い」シグナル

日々の価格変動をチェックし、独自のシステムで上昇トレンドが見られた際に、「買い」シグナルが作動します。一般的に投資家は、どの銘柄をどのタイミングで買い付けて良いかの判断に迷うものです。

当社のシステムがその“判断”を行います。

2)「売り」シグナル

トレンドが下落基調になった場合は、「売り」シグナルが作動します。一般的に投資家は、売却の判断に迷い、売るタイミングを逃してしまう傾向にあります。また、金融機関は、自社の金融商品を「売りましょう」といったアドバイスは、なかなかしてくれません。

当社のシステムでは、一定の基準に従い、下落基調が見られた時に、売却のアドバイスを行い、利益確定やロスカットに役立てます。

月次ファクトシート(運用報告書)

ETF+αの最新の月次成績や資産配分が記載されたファクトシート(運用報告書)は、月次毎に更新されます。

ご希望される方は、次のページの資料請求よりお問い合わせください。

ETF+αの主な特徴

  • 優秀な実績
  • 独自の売買シグナル
  • リスク管理
  • 低コスト
  • 米国証券取引所上場銘柄
  • 透明性
  • 高い換金性(流動性)
  • 「円」以外での資産形成

資料請求及びご相談は次のページへ

次のページへ

2007年3月から2012年12月は、当社独自のトレンドフォローシステムを用いたバックテストデータになります。2013年1月以降については、ETF+αの実績となります。

過去の運用実績は将来の運用結果を約束するものではありません。

©2017 IFA JAPAN 株式会社 | 金融商品取引業者 投資助言・代理業 | 関東財務局長(金商)第486号 | 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号:012-02324